【スマブラスペシャル】新キャラ・歴代キャラ一覧と特徴をまとめてみた!

【スマブラスペシャル】新キャラ・歴代キャラ一覧と特徴をまとめてみた!

2018年12月7日に発売が決定したニンテンドースイッチ専用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズSEPECIAL」。

シリーズファンが待望していた最新作です!

 

最新キャラに加え歴代キャラが全員参戦ということで話題になっていますが、今回は現在わかっているキャラを全てまとめていきます。

懐かしいキャラもたくさんいて今から超楽しみです!

 

スマブラスペシャルから参戦する新キャラクター

まずはスペシャルから参戦する最新キャラクターから!

現時点で判明しているのは以下の通りです!

 

デイジー(スーパーマリオシリーズ)

スーパーマリオシリーズから改めて参戦するのがサラサ・ランドのお姫様であるデイジー!!

一応スマブラDXではピーチの別カラーバージョンとして登場していましたが、スペシャルでは満を辞して別キャラでの参戦。

 

ただし位置づけ的にはピーチのダッシュファイター(基本的な動きが同じで似て非なるキャラ)。

ピットにおけるブラックピット、マルスにおけるルキナのような感じですね。

なので共通するアクションは多いようですが、細かいスペックが異なるようです!

 

 

インクリング(スプラトゥーンシリーズ)

2015年5月にシリーズ1作目、2017年7月に2作目が発売された大人気ゲーム「スプラトゥーン」からインクリングが参戦!

というよりこのキャラにインクリングって名前があるのが知らなかった(笑)

カラーによってガール・ボーイを選べるようですね。

 

アクションはかなり本編に忠実なようで、ステージをぬりぬりする、相手をペイントする、インクに潜る、補充するなど、使っていてかなり面白そうなキャラになりそう!

スプラトゥーンにも登場したド派手な「ブキ」を使って相手をなぎ払いたい(笑)

 

 

リドリー(メトロイドシリーズ)

メトロイドシリーズよりサムスの宿敵であるリドリーが参戦!

シリーズでもよくラスボスを務めるキャラ。

 

そんなリドリーの特徴は大柄な体格!

リーチは間違いなく長いし、攻撃力もかなり高そう。

吹っ飛びやすさはどうなのか微妙なところですが、翼もあるところから復帰力もかなりのものじゃないか?と期待できる。

 

 

以前から参戦していたキャラクター

次はこれまでに参戦していた歴代キャラクターをシリーズ別に紹介!

DX・Xから以来復活するキャラも多く、ファンにとってはめちゃくちゃありがたいですね。

 

スーパーマリオシリーズ

マリオ

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

 

任天堂シリーズを代表するキャラなだけに性能のバランスも良く、シンプルなアクションで初心者にも扱いやすい。

リーチが短いのが気になるところですが、技の出も早く隙が生じにくい。

歴代シリーズでもぼちぼち強い位置づけにいます。

 

そんなマリオ、毎回若干アクションが改良されることが恒例ですが、今回は「スーパーマリオオデッセイ」のアクションが入ってくるようです。

サンシャインのポンプのように今回は帽子を使ったアクションでも加わります。

オデッセイで実際に登場したユニークな衣装も楽しみです!

 

 

ルイージ

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

言わずと知れたマリオの弟キャラですが、こちらは結構上級者向き。

リーチはさしてマリオと変わらないものの、技の隙が結構大きく調子に乗った初心者がふざけて使うと真っ先に死ぬ印象(笑)

ただ至近距離で上必殺技(カキーンってなるあれ)が決まるとめちゃくちゃ気持ちいい…。

 

 

ピーチ

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

キノコ王国のお姫様であるピーチですが、特徴なのは何気にある火力と浮遊能力!

空中攻撃を上手く使えるとかなり優秀なキャラですね。

浮遊能力とパラソルからのフワフワを使ってばかりいると嫌われるのでやめましょう。

 

 

クッパ

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

圧倒的な火力と吹っ飛びにくさが売りのマリオの宿敵。

攻撃の隙は大きいものの、その遅さが逆に独特の間合いを生んで変に素直なキャラよりよっぽど動きが読まれにくい。

WiiU時点ではスーパーアーマーもついていてひるみにくいので、ごり押しで一発逆転も狙えなくはないキャラ。

 

 

ドクターマリオ

スマブラDX・WiiUに参戦。

Xではお休みをいただいていました。

 

性能はマリオと似ているものの、本家より攻撃力が高く吹っ飛びにくい。

一方で上必殺技が弱体しているので復帰力がなく、バランスは正直よくない。

公式によると医者の仕事による運動不足らしい(笑)

 

 

ロゼッタ&チコ

スマブラWiiUに参戦。

「スーパーマリオギャラクシー」で登場したキャラクター。

 

WiiUの中では最強キャラに挙げる人も多く、少なくとも上位であることは間違いない。

チコがいることによりリーチや火力が大幅に上昇!

 

その代わりチコがいなくなってしまうと途端に弱体化してしまうのですが、もともとのステータスがかなり高いので、上手く使いこなせれば割と一方的にボコボコにできる(笑)

 

 

クッパJr.

スマブラWiiUに参戦。

「スーパーマリオサンシャイン」で初登場したクッパの息子。

ミニクッパやベビークッパとは別のキャラに当たります。

 

そんなクッパJr.の特徴はクッパクラウンに乗ったトリッキーな動きと攻撃。

機動力もあるので動きが読まれにくく、かつ復帰力も高い。

ただ必殺技は全体的に隙が大きいので、通常攻撃と上手く組み合わせたいところ。

 

カラーバリエーションによって他のキャラになるところも面白いです。

 

ドンキーコングシリーズ

ドンキーコング

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

クッパに並ぶスマブラ重量級キャラの代表格ですね。

単純に火力も高いのですが、ほかにも投げ技が強力でそこからコンボにも繋ぐこともできる。

 

また掴みから相手を担いで移動できる唯一のキャラで、テクニックやステージによってはそこから相手を即落とすこともできる(通称ゴリラダンクと呼ばれるテクニック)。

リーチはそこそこ長いものの、飛び道具がなく相手のペースにハマると脱出しにくい一面も。

アピールがとんでもなくうざい。

 

 

ディディーコング

スマブラX・WiiUに参戦。

1994年発売の「スーパードンキーコング」で初登場して以来、ドンキーの相棒として欠かせないキャラです。

 

そして見た目通りディディーの動きはドンキーとは対照的に身軽でトリッキー。

バナナの皮を利用した悪質コンボのほか優秀な技が多く、テクニックは要するもののかなりの強キャラ。

アップデートによって弱体化してしまったものの、それを踏まえても上位にランクインするスペックです。

 

ゼルダの伝説シリーズ

リンク

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

スマブラメインキャラの一人ですが、今回でデザインが変わり、「ブレスオブザワイルド」の英傑の服がデフォルトになるようです。

 

若干動きが遅いものの、高火力でリーチも長くバランスが良いキャラ。

また多彩な飛び道具も特徴の一つですが、そのうちの一つである爆弾がスペシャルからリモコン式になるようです。

使い勝手が広がりそうですね。

 

 

シーク

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

ゼルダが己の身を隠すために変身した姿という設定のキャラクターです。

 

DX・Xでは変身することでゼルダと切り替えることができたのですが、WiiUから完全に別キャラに。

素早い動き、隙のない攻撃、飛び道具や復帰能力の高さなどスペック的にはほぼ完璧。

 

強いて弱点を挙げるのであれば若干の決定力のなさですが、それを踏まえてもWiiUでは間違いなく最強キャラ。

DX・Xでも基本的にシークの状態で戦うことが多かったですね(笑)

 

 

ゼルダ

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

ゼルダの伝説シリーズのヒロインであり、ハイラル王国の王女様。

WiiUまではクールなお姉さま的なデザインでしたが、スペシャルでは可愛らしい「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」仕様となっています。

 

WiiUからシークとは別キャラ扱いになってしまいましたが、正直弱い(笑)

動きが鈍重な割にはそこまで強力な技があるわけでもなく、あまりこれといった長所がありません。

スペシャルで頑張って欲しいところ。

 

 

こどもリンク

スマブラDXに参戦。

名前通りこども姿のリンクなのですが、X以降はトゥーンリンクが登場したためリストラ。

正直なところ「え、トゥーンリンクいるのにこいつ意味あるの?」と思わなくもない(笑)

 

 

ガノンドロフ

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

ゼルダの伝説シリーズのラスボスですね。

 

DXで初登場した時はキャプテン・ファルコンのダッシュファイター的位置づけでしたが、X以降オリジナル技もかなり増えました。

トップクラスの重量とトップクラスの火力を誇る一方で、トップクラスに動きが遅く飛び道具もない。

 

特攻しても避けられてカウンターを食らうのがオチなので、逆に相手の攻撃をかわした隙に確実な一撃を入れて行きたいところ。

乱戦においてはかなりキル数を稼げるものの、タイマンだとちょっと厳しい。

 

 

トゥーンリンク

スマブラX・WiiUに参戦。

「ゼルダの伝説 風のタクト」で初登場したポップなデザインなリンク。

 

リンクのダッシュファイター的なキャラで、火力とリーチを失った代わりに機動力が上がった。

どちらかというとこちらの方がバランスが良い。

 

メトロイドシリーズ

サムス

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

シリーズ随一の多彩な飛び道具を兼ね備え、リーチも長いキャラクターですね。

 

代名詞とも言えるチャージショットは火力もあり技の出も速い。

乱戦状態で適当にぶっ放せば大抵誰かに当たります(笑)

 

ただ逆に近接戦闘にはめっぽう弱く、タイマンで距離を詰められたらどうしても受け身に。

常にチャージショットの溜めを満タンにしてプレッシャーをかけていきたい。

 

しかしスペシャルではそのチャージショットが空中でも溜めれるようになります!

一気に強キャラの仲間入りをするかもしれませんね。

 

 

ゼロスーツサムス

スマブラX・WiiUに参戦。

名前の通りパワードスーツを脱いだ姿のサムスで、本名は「サムス・アラン」。

ピチピチスーツがエロい。

 

通常のサムスに比べて遠距離攻撃は少なくなってしまったものの、機動力・近接戦闘においては大幅に向上。

素早く隙がない技、火力があり決定打となる技、復帰技など用途別に欲しい能力が一通り揃っていて弱点がない。

強いて挙げるのであれば吹っ飛びやすいところ。

 

テクニックは必要なものの、使いこなせればシリーズ屈指の強キャラ。

正直通常のサムスよりよっぽど強い。

 

 

ヨッシーシリーズ

ヨッシー

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

マリオの相棒とも言えるキャラクターですね。

知っている人も多いと思いますが、この可愛い見た目で実は恐竜という設定。

 

そんなヨッシーは代々テクニックを要する強キャラとして玄人好み。

通常攻撃や空中攻撃を使ったコンボが特徴で、じわじわと痛めつけたところに強力な一撃をお見舞いするというのがセオリー。

 

星のカービィシリーズ

カービィ

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

大人気星のカービィシリーズの主人公であることは言うまでもなく、食いしん坊でなんでもかんでも吸い込んでしまうという性格ですね。

 

そんなカービィの最大の特徴は何と言ってもコピー能力!

他のキャラをコピーしたときの姿を確認するのはもはや新しいスマブラが出たときの恒例行事と言ってもいいでしょう。

 

そして一番の長所は抜群の復帰力ですが、カービィそのものがめちゃくちゃ軽く、その復帰能力を披露するまでもなく文字通り星になってしまうというのはよくあること。

よくスマブラをほとんどやったことがないような女子が「この子可愛い〜」とか言って使っていたりするが、リーチも短く正直弱いキャラ。

 

 

メタナイト

スマブラX・WiiUに参戦。

時に敵対したり、時に仲間になってくれたりと、カービィの良きライバル的ポジションにいるキャラ。

ちなみに素顔はただの青いカービィ。

 

メタナイトは吹っ飛びやすさはそれこそカービィ並みに軽いものの、剣がある分リーチも短くなく、素早く隙のない攻撃が特徴。

通常攻撃、必殺技、投げなどどれも使い勝手が良く、ゴリゴリに押していけばかなりハイペースでダメージを蓄積できます。

スマッシュも速く強力なので決定力もありますね。

 

初心者に使いやすいのはもちろん、上級者もよく好んで使用しています。

 

 

デデデ

スマブラX・WiiUに参戦。

初代星のカービィに登場して以降一応ライバル的な位置づけですが、かなりフレンドリーなキャラクター(笑)

 

デデデも重量級キャラの一人ですが、それにしてはすごくリーチが長いというわけでもない。

コンボを繋げるにも結構テクニックがいるので、初心者にはおすすめしません。

あと伏せのポーズがめちゃくちゃウザい(笑)

 

スターフォックスシリーズ

フォックス

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

スターフォックスシリーズの主人公であり、元祖スピードファイター。

 

若干リーチは短いものの、それを十分補える機動力と隙のないスマッシュが強力。

ブラスターで着実にダメージを蓄積しつつ、相手がイライラして近づいてきてもやりあえる近接格闘能力が魅力ですね。

 

あとはリフレクターで飛び道具対策も十分。

オールラウンダーで使いやすいキャラクターです。

 

 

ファルコ

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

もともとフォックスのダッシュファイターでしたが、現在ではアクションも大きく変わり、立派なオリジナルキャラクターとなっています。

 

ただそれでもフォックスとはよく比較されますが、正直機動力でいえば雲泥の差。

各必殺技もフォックスの方が断然使いやすいので、劣化版と言っても過言ではない。

 

しかしジャンル力が高く空中攻撃だけはファルコの方が優秀なので、上手く空中戦に持ち込んでいきたいところ。

 

 

ウルフ

スマブラXに参戦。

WiiUには登場しなかったものの、個性的な技が多く使っている分には面白いキャラ。

 

2段階にダメージが判定があるブラスター、斜め上に横必殺技、そして溜め時間が短くなった上必殺技など、フォックスのくせが強くなったような攻撃ですね。

個人的にXでは結構好きなキャラでしたが、スペシャルでどうなるか楽しみです!

 

ポケモンシリーズ

ピカチュウ

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

世界中で大人気のポケモンシリーズを代表するポケモンです。

 

歴代シリーズの中でも毎回強キャラに分類されるピカチュウ。

スピードもありながら火力もそこそこ。

リーチの短さを指摘されることもありますが、多彩な飛び道具でそこもカバーできるでしょう。

 

でんこうせっかだけは少しコントロールが難しいので、そこだけしっかり使いこなせるようにしておきたいです!

スペシャルからはしっぽがハート型のメスも登場するようですね。

 

 

プリン

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

WiiU版まではずっと隠しキャラとして登場していたが、とにかく弱い(笑)

間違いなくシリーズ中最弱です。

 

吹っ飛びやすい、リーチもない、火力もない、飛び道具もない。

数少ない強みは復帰力とねむるによる一発逆転。

上級者でやっとまともに戦えるというくらい扱いにくいキャラです。

 

 

ピチュー

スマブラDXに参戦。

ピカチュウの進化前であるピチューがDXぶりに参戦です!

当時は正直強くなかったものの、愛らしい外見から復帰を喜ぶファンも多いでしょう。

 

そんなピチューの攻撃パターンはほとんどピカチュウと同じですが、特徴は電気技を使ったときに自分も少しダメージを受けてしまうということ!

「電気を扱うのが下手」という原作の設定を忠実に再現していますが、単純な強さで言えば大きなデメリットです。

でもそんなところもかわいい。

 

 

ミュウツー

スマブラDX・WiiUに参戦。

WiiU版ではダウンロードコンテンツのキャラクターとして登場していました。

 

リーチと攻撃力が高いことが特徴のミュウツー。

フルチャージしたシャドーボールで相手をビビらせながらコンボを決め、強力な一撃を決めていくという戦い方がセオリーのキャラですね。

 

ただ見た目に反して全キャラ中2番目に吹っ飛びやすく、機動力もないので強さ的には中堅どころ。

シャドーボールさえ意識しておけばそこまで怖くない。

 

 

ポケモントレーナー

スマブラX・WiiUに参戦。

ゼニガメ・フシギソウ・リザードンの三種類のポケモンを切り替えられるという面白いキャラ。

ただバランスの良いフシギソウをずっと使っているのが一番良い戦法だと思う。

 

WiiU版ではリザードンのみの参戦だったものの、正直あまり強くなかった。

横必殺技のフレアドライブだけは自分もダメージを受けるものの協力。

 

 

ルカリオ

スマブラX・WiiUに参戦。

ポケモンの劇場版にメインで登場したことから人気が出たキポケモンですね。

 

ダメージが溜まっていくにつれて波動(攻撃力)が強くなっていくという面白い設定が特徴。

最大値まで強化された状態での波動弾はめちゃくちゃ強い、というか怖い。

 

ただ機動力もなく攻撃の隙も大きいので、ダメージが蓄積されていない状態だとせいぜい中の下か下の上くらい。

早いうちに重量級に吹っ飛ばされたらどんまい。

 

 

ゲッコウガ

スマブラWiiUに参戦。

ポケモンXYの御三家のみずタイプであるケロマツの最終進化系となるポケモンですね。

しのびポケモンという設定の通り忍者っぽい攻撃が多い。

 

オールラウンドな性能、特にスピードが早くWiiU版発売当初は最強キャラの呼び声も高かったが、その後調整が入って弱体化。

バランスは良いものの軽さと決定力不足が否めず、中堅どころに落ち着いた。

 

MOTHERシリーズ

ネス

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

任天堂の中ではマイナーなMOTHERシリーズに登場したキャラですが、スマブラのネスの方がよっぽど知名度が高い。

 

超能力を使った多彩な飛び道具と強力なスマッシュで攻撃面は優秀。

ただ防御面が心もとなく、下必殺技も吸収できる攻撃に限りがあるため使いにくい。

とりあえずPKサンダーで確実に復帰できるようになって一人前。

 

 

リュカ

スマブラX・WiiUに参戦。

WiiU版ではダウンロードコンテンツとして登場しました。

 

ネスと同じく多彩な超能力を攻撃が使用できるものの、癖のある技が多く若干リュカの方が使いづらい。

ただPKサンダーはよりネスより小回りがきくので復帰は若干簡単に。

 

 

F-ZEROシリーズ

キャプテン・ファルコン

スマブラ歴代シリーズ全てに参戦。

準重量級ながらソニックに次いで2番目の機動力を誇り、スピードとパワー両方を兼ね備えたハイスペック。

飛び道具と復帰力がないところが惜しいが、その分ガンガン攻めていって自分のペースに持ち込みたい。

 

ファルコンパンチが決まると異常に気持ち良い。

ピンクカラーが異常に気持ち悪い。

 

 

アイスクライマーシリーズ

アイスクライマー

スマブラDX・Xに参戦。

ポポとナナの二人組という元祖コンビキャラ。

 

WiiU版ではリストラされたものの、それまではコンビならではのコンボが決めやすく、かわいい見た目に反して割と凶悪なスペック。

横必殺技を連発されると非常にイライラする。

妹のナナが先にやられるといい鴨。

 

ファイアーエムブレムシリーズ

マルス

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

剣を使った高い火力とリーチが特徴で、リンクに次ぐ剣士タイプ。

 

全体的なバランスが良く、剣先に当たると普段より火力が上がるということで間合いを掴めばかなりの強キャラ。

出が速く隙も少ないカウンターは全キャラの中でもかなり使いやすい。

王子様系イケメン。

 

 

ルキナ

スマブラWiiUに参戦。

マルスのダッシュファイターとして登場し、基本的な攻撃パターンは同じ。

 

ただマルスのように剣先に当たったからといって特別な攻撃判定はないが、その分剣の根元に当たった場合はルキナの方がダメージが大きい。

清楚系美人。

 

 

ロイ

スマブラDX・WiiUに参戦。

シリーズでは若き獅子や炎の子といった通称がある。

 

マルスに比べてコンボは繋がりにくいものの、機動力があり単発の攻撃料が高い。

スピードで敵を翻弄しつつ、強力な攻撃を当てて行きたい。

ちょっとかわいい系イケメン。

 

 

アイク

スマブラX・WiiUに参戦。

スペシャルでは蒼炎版と暁版両方の衣装を選ぶことができ、声優も使い分けられているのがファンには嬉しい。

各アクションの隙は大きいものの、ファイアーエムブレムシリーズ随一の火力を誇る。

 

上必殺技と横必殺技はそれぞれ縦・横への復帰力は高いものの、斜め方向にいけないのが痛い。

「天・空」ばっかり使ってると嫌われる。

ワイルド系イケメン。

 

 

ルフレ

スマブラWiiUに参戦。

サンダーソードを使った高火力で使いやすい必殺技がある一方で、実は全キャラ中一番スピードが遅い。

 

またサンダーソードの使用回数にも制限があるというかなりプレイヤーの腕に左右される仕様。

ただスペシャルからはその寿命がゲージとして表示されるので、まだ戦略は立てやすくなる。

インテリ系イケメン/美人。

 

 

カムイ

スマブラWiiUに参戦。

2015年発売の「ファイアーエムブレム if」で初登場した割と新しい方のキャラ。

 

技の種類が多彩で、最大の強みはリーチ。

スピードは遅いもののそれを補えるほど攻撃範囲が広く、マルスのように剣先に当たった場合にダメージが上がる。

儚い系イケメン/美人。

 

ゲームアンドウォッチシリーズ

Mr.ゲーム&ウォッチ

スマブラDX・X・WiiUに参戦。

実はスマブラに登場するキャラクターの中では最も歴史が古いキャラである。

 

スピードもあまりなく吹っ飛びやすいため基本スペックは決して高くないが、とにかく横必殺技とした必殺技の一発が怖い。

動作がカクカクしていて若干動きが読まれにくい。

スペシャルでは各アクションが原作寄りになる。

 

 

光神話 パルテナの鏡シリーズ

ピット

スマブラX・WiiUに参戦。

パルテナに使える天使ですが、原作ではパルテナがいなければ強くない。

 

バランスが良いオールラウンダーであり復帰力はトップクラス。

ただ決定打に欠けるのでジリ貧にもなりがち。

乱戦では生き残りやすいものの、タイマンだとちょっと微妙なキャラ。

 

 

ブラックピット

スマブラWiiUに参戦。

厨二な性格をしている、ピットのダッシュファイター。

 

バランスは良いものの実際はピットの劣化版。

ただ横必殺技だけはピットよりも強力になっている。

 

 

パルテナ

スマブラWiiUに参戦。

ピットのご主人様となる女神で意外と天然キャラ。

 

スピードとリーチに優れるものの、決定力に欠ける。

中〜遠距離でヒット&アウェイを繰り返して徐々にいたぶって行きたい。

 

メイドインワリオシリーズ

ワリオ

スマブラX・WiiUに参戦。

クッパに次ぐマリオのライバル的キャラクター。

 

リーチは短いものの、重量級に分類され火力と吹っ飛びにくさに優れる。

その上スピードもそこそこあり、トリッキーな技で攻撃で動きが読まれにくい。

乱戦時にワリオバイクが突っ込んでくると本当に邪魔臭い。

 

 

メタルギアシリーズ

スネーク

スマブラXに参戦。

Xで非常に好きだったのでWiiUでリストラされた時はかなりショックでした…。

 

素早く隙がない通常攻撃、重火器を使ったトリッキーな必殺技、強力なスマッシュ、さらに復帰力も高くスペック的にはほぼ完璧と言っていいキャラでしたね。

 

ミサイル・爆弾・地雷で乱戦を引っ掻き回してもいいですし、もちろんタイマンもできる優秀な子。

乱戦で適当に地雷を仕掛けておけばだいたい誰かが引っかかってくれます(笑)

 

 

ソニックシリーズ

ソニック

スマブラX・WiiUに参戦。

おそらく全世界のスマブラファンが参戦を待望していたキャラクターが音速のハリネズミことこのソニックですね。

原作を裏切らず、全キャラ中ダントツのスピードを誇っています。

 

Xの時点ではスピード以外取り柄がなくいまいちだったのですが、WiiUから改善。

リーチの長さと決定力にやや不満は残るものの、それでもかなりの強キャラに分類されます。

 

紹介動画にはナックルズが映っていますがプレイアブルキャラクターとなるのでしょうか?

個人的にはシャドウあたりにぜひとも参戦して欲しいですね!

 

 

ピクミンシリーズ

ピクミン&オリマー

スマブラX・WiiUに参戦。

ハートフルな外見に反して健気なピクミンたちを犠牲にしながら戦い抜くというキャラ。

 

ピクミンたちを利用したリーチの長い攻撃が特徴だが、いなくなると何もできない。

一応ピクミンの種類によって攻撃力や特性が異なるものの、出現するピクミンはランダムなので使い分けるのは相当難しい。

 

スペシャルからは攻撃を食らった時にヘルメットにヒビが入るという細かい仕様。

ただしすぐ直ります。

 

FAMILY COMPUTER ROBOTシリーズ

ロボット

スマブラX・WiiUに参戦。

任天堂の色々なシリーズのゲームに登場するものの詳細は明かされていない謎のキャラ。

 

意外と火力があるキャラなので、飛び道具で牽制・ダメージ蓄積を狙いつつスマッシュを当てていくのがセオリー。

上必殺技は復帰力は高いものの、着地を狙われやすい。

 

 

どうぶつの森シリーズ

むらびと

スマブラWiiUに参戦。

どうぶつの森というこれ以上ないくらい平和なゲームからまさかの参戦を果たしたむらびと。

 

スピードは遅いものの、優秀な飛び道具と抜群の復帰力で強キャラに分類される。

ハニワくんロケットが強く、一緒に特攻するとコンボに繋がりやすい。

 

むらびと8人で殺り合う様はなんとも複雑な光景。

 

 

ロックマンシリーズ

ロックマン

スマブラWiiUに参戦。

数あるロックマンシリーズから初代が登場しました。

カプコン信者が歓喜しましたね。

 

近距離では不利なものの、飛び道具が多彩で中〜遠距離をキープした戦闘が得意。

場合によって上手く使い分けて行きたい。

 

最後の切りふだでブルースとフォルテが追加されましたが、個人的にはプレイアブルキャラクターとして参戦して欲しかった…。

 

Wii Fitシリーズ

Wii Fit トレーナー

スマブラWiiUに参戦。

むらびと以上に参戦が意外だったのがWii Fit トレーナー。

 

回避能力は高いものの、とにかくピーキーで使いづらい…。

攻撃の際の掛け声がシュールで完全にネタキャラですね。

 

スペシャルでは顔が細かく表現されるものの、原作からは遠ざかりました。

 

 

パンチアウト!!シリーズ

リトル・マック

スマブラWiiUに参戦。

スピードとパワーに加えスーパーアーマーもついた性能でまさに地上では無類の強さを誇るのですが、いかんせん空中戦に弱い。

軽く吹っ飛ばされやすいにも関わらず復帰力もないので、めちゃくちゃキル数が稼げるもののすぐ死んじゃうタイプ。

ただタイマンだと鬼強い。

 

スピードも速いのでゴリゴリ行きすぎないでできるだけ長生きし、KOパンチを確実に当てて行きたい。

個人的にはめちゃくちゃ好き。

 

 

パックマンシリーズ

パックマン

スマブラWiiUに参戦。

ゲームアンドウォッチと同じく1980年に発売されたゲームです。

最近では映画「ピクセル」に登場したことからも話題になりました。

 

シンプルで使いやすさもありながら、中にはトリッキーな技もあるキャラクター。

ただ決定力に欠けるので、飛び道具で上手く牽制しながら戦いたい。

 

ゼノブレイドシリーズ

シュルク

スマブラWiiUに参戦。

神剣モナドを使ってステータスを自在に切り替えられるという面白いキャラです。

 

また最大の強みはリーチの長さ。

中距離を維持しながら着実にダメージを与えていって、場面に応じて上手くモードを切り替えて行きたい。

ちなみにスペシャルからはそのモナドアーツによるステータス切り替えがよりスピーディに行えるようになります。

 

 

ダックハントシリーズ

ダックハント

スマブラWiiUに参戦。

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、海外では結構知名度が高いキャラクターです。

 

火力と復帰力はないものの、多彩な飛び道具によるトリッキーな攻撃が特徴。

立ち回りは難しいものの、上手く使いこなせればペースを握りやすい。

 

 

ストリートファイターシリーズ

リュウ

スマブラWiiUに参戦。

大人気格闘ゲームストリートファイターの主人公ですね。

 

スマブラ参戦を待ち望んでいた人も多いと思いますが、特徴的なのは全キャラ中、アクションが唯一コマンド入力だということ。

そのため使いこなすためには練習が必要になってくるものの、技の種類が多く全体的なスペックも高い。

シールドブレイクしやすいのもかなりの強み。

 

スペシャルではタイマン時に限り、常に相手の方向を向く仕様に。

そのためコマンドミスが減ると思われます。

 

ファイナルファンタジーシリーズ

クラウド

スマブラWiiUに参戦。

FFⅦに登場するシリーズ中でもかなりの人気を誇るキャラクター。

ツンツン頭と大剣が特徴です。

 

火力・機動力に優れ、リーチもかなり長い。

そのため攻撃面ではかなり高性能なのですが、弱点は復帰力のなさ。

 

空中での追撃もされやすいのですが、それでも最上位キャラに分類されます。

リミットブレイクが溜まった状態は本当に怖い。

 

 

BEYONETTAシリーズ

ベヨネッタ

スマブラWiiUに参戦。

2009年に発売された「BEYONETTA」に登場した記憶を失った魔女。

 

ダウンロードコンテンツとして追加されましたが、かなりの強キャラに分類されます。

非常にコンボが繋がりやすく、一度決められると手がつけられない。

即死コンボ(場面は限られる)もあるのですが、一方で決定打となる強力な技が少ないので、どちらかと言えば上級者向け。

 

 

Mii

Miiファイター

スマブラWiiUに参戦。

格闘・剣士・射撃と三種類を選べるオリジナルキャラですね。

さらに各方向の必殺技やステータスも振り分けられるのが特徴。

ただほとんど使わない。

 

 

スマブラスペシャルの新キャラ予想も!

この記事を読む!

GAMEカテゴリの最新記事