【2018冬ドラマ】出演する女優たちの衣装がかわいすぎ!

【2018冬ドラマ】出演する女優たちの衣装がかわいすぎ!

2018年1月。今季も注目ドラマが何作品も放送されていますね。

当然美人女優が何人も出演しているわけですが、そんな人たちを見て「この衣装かわいい!」と思うことも少なくないですよね。

最近はオンラインショップを利用すれば近くにお店がないブランドの服でも簡単に買うことができますし、実際にドラマや映画に出演している女優たちを参考に服を購入する人も多いと思います。

そこでこの記事では、2018年冬ドラマの中でも特にかわいい女優とその衣装を紹介していきます!

きみが心に棲みついた:吉岡里帆

まず紹介するのは火曜22時から放送されている「きみが心に棲みついた」で主演を務める吉岡里帆さん!

今回の作品は連続ドラマ初主演を務める彼女ですが、2017年からかなり知名度を上げてきましたよね。

 

人気ドラマに出演してきたのはもちろんですが、星野源さんと共演したどん兵衛のCMで人気急上昇!

確かにあんなかわいいキツネ耳をつけた女性が目の前に現れたというシチュエーションを見せつけられたら、彼女の好感度が上がるのも納得です。

 

そしてそんな吉岡里帆さんが「きみが心に棲みついた」で演じるのは、下着メーカーに務める超挙動不審でネガティブ思考なヒロイン。

向井理さん演じるDV元カレのことを忘れられず、いつまでもその呪縛から逃れることができません。

しかしそこに桐谷健太さん演じるもう一人の男性が現れ、ぐちゃぐちゃの三角関係になっていくというストーリーです!

きみが心に棲みついたのあらすじ

TBSは、『逃げるは恥だが役に立つ』『あなたのことはそれほど』など中毒性のあるラブストーリーでいま最も注目を集める火曜ドラマ(火曜よる10:00)枠にて、来年1月期に『きみが心に棲みついた』を放送する。連続ドラマ初主演となる吉岡里帆が桐谷健太と向井理との間で揺れ動く、三角関係ラブストーリーである。

原作は若い女性たちから高い支持を得ているマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりん「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)。自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動く様を描いていく。
そんな2人の男の1人目は、マンガ編集者・吉崎幸次郎。吉崎は誰に対しても遠慮なく厳しい言葉を投げかけるが、その裏には優しさ・誠実さが溢れる“いい男”。とんでもない言動を自身に向けてくるキョドコをも突き放すことができず、持ち前の熱さでつい助けてしまう。そんな吉崎が自分を変えてくれるのではないかと、キョドコは強く惹かれていく。
もう1人は、自信の持てなかったキョドコを初めて受け入れてくれた大学時代の先輩・星名漣。一見爽やかなイケメンに見える星名だが、裏の顔があり、自分だけを信頼し離れられなくなっていたキョドコに、度を越えた冷酷な命令を下していた。一旦は距離を置くキョドコだったが、星名からの連絡は続き、会社で再会したことにより、星名に強く“依存”していた過去の感情が蘇ってしまう。

吉崎との恋愛で前向きな自分に変わろうとするが、引き戻そうとする星名の“魔の手”に抗えないキョドコ…どこかホラー要素を感じさせる新たなラブストーリーが誕生する。

主人公・今日子(キョドコ)には、連続ドラマ初主演となる吉岡里帆。多数のCMに引っ張りだこであるだけではなく、『カルテット』(17年1月)でメインの4人をかき乱す役どころで演技を高く評価され、その後すぐに『ごめん、愛してる』(17年7月)のヒロインに大抜擢された、今注目の女優・吉岡が、ついに連続ドラマの主演に挑む。吉崎を演じるのは、CMでの高感度も高く『天皇の料理番』(2015年)を始めとした、数々の映画・ドラマで芯の通った熱さのある男性を好演し、“熱い男”の代名詞となりつつある桐谷健太。そして、好青年の顔の裏に加虐的な面をもつ星名を、大ヒットドラマ『ゲゲゲの女房』(2010年)で見せたような思いやりのある役の印象が強い向井理が務め、新たな顔を見せる。
一筋縄ではいかないラブ“ホラー”ストーリーをお楽しみに!

どんな衣装を着てる?

それでは吉岡里帆さんがドラマの中でどんな衣装を着ているのか見ていきましょう!

ドラマの映像や公式SNSに投稿されていた画像から拾っていきます!

吉岡里帆さん演じる今日子は、ネガティブ思考ながらファッションにはかなり気を使っていそうな人物。

昔からの癖でストールをネジネジに巻いてしまう癖があるのですが、それにさえ目をつぶればかなりおしゃれな衣装を着用していると思います。

ストールのネジネジはこんな感じですね。

だいたいどのシーンでもストールを巻いているのですが、本当に全部ネジネジ(笑)瀬戸朝香さん演じる上司にそのことを注意されてしまうシーンもありました。

 

しかしストールの巻き方はともかく、毎回巻いているだけあって実は家の収納の中には何十本ものストールがストックされているという設定。

シーンごとにストールの柄や質感に注目しながらドラマを見ても面白いと思います。

またストールで上半身はボリュームも出ているので、その分トップスはシンプルなものが多いです。

そこらへんはきちんと調節しながら着用していますね。本当に巻き方さえしっかりすればかなりおしゃれなOLなのに(笑)

しかしそこもキャラクターの個性なので、それはそれでありかなと。

落ち込みながらストールをネジネジする様子は小動物のように可愛いです(笑)

色味は割と薄めでフェミニンなカラーが多いです。

ホワイトを中心とした女性らしい雰囲気で、どちらかというと寒色系が多いですかね?

今の季節にぴったりですし、見ていてかなりファッションの参考にできると思います!

 

ちなみに共演している石橋杏奈さんの衣装も同じくかなりおしゃれ!

石橋杏奈さんが演じる役は吉岡里帆さんをかなりライバル視している人物なのですが、二人で向井理さんを取り合うような様子も見られますね。

吉岡里帆の他の衣装はこちら!

アンナチュラル:石原さとみ

次に紹介するのが国民的大人気女優の石原さとみさん!

金曜22時から放送されている「アンナチュラル」で主演を務めています。

そして劇中で石原さとみさんが演じる職業は解剖医!

遺体を解剖したり、窪田正孝さんらメンバーたちと協力しながら、事件の謎を紐解いていくというストーリーです。

アンナチュラルのあらすじ

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。

彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。

不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。

偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。

しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。

その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。

このドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリーである。

全体のテーマは、「死と向き合うことによって、現実の世界を変えていく」。

「死因」を見つけることによって、今を生きる人々の命を救ったり、社会制度を変えることで未来の危機を回避し、少しでもより良い世界に変えていけたら…。

彼らは一見、特殊な世界に身をおく人々だが、普通の人と変わらない日常を持っている。恋に悩み、家族関係に苦しみ、合コンにも行けば、おいしい食事も食べる。

時にケンカをし、友情を育む。

感情を抑えて仕事をしようと思いながらも、遺族に共鳴し涙してしまうこともある…。

そんな天才でも変人でもない、普通の人々である彼らの姿を丁寧に描いていく。

どんな衣装を着てる?

アンナチュラルで石原さとみさんが着用している衣装も紹介していきます!

“解剖医”というだけあって白衣のシーンも多い石原さとみさん。

しかしその下にきているインナーは毎回こだわりがあるようですね。

どれも主張しすぎず、白衣の隙間からさりげないおしゃれ感を出してくれています。

上の白衣の画像でつけているネックレスがこちら。ティファニーですね。

演じる役の設定上、大人っぽい服装が多い石原さとみさん。

白衣×高級ブランドと聞くと「ドクターX」の米倉涼子さんを思い出しますね。

 

こちらは私服シーンでの衣装。

白衣の時に比べて私服は結構カジュアルな印象ですね。

Jines(ジネス)の「 フロールストレッチデシン プリーツロングスカート【 結婚式・二次会・パーティー 対応 】(ワンピース)」|ピンク

こちらも高級感のある衣装ですね。

しかし決してどれも高額な衣装というわけではなく、シーンにもよりますが結構リーズナブルなアイテム着用しているときも多いです。

しかし基本的には無地のものやシンプルなデザインのものが多く、あまり派手な衣装は着ていません。

そういう洗練された無駄のない感じが大人っぽさをより醸し出しているのかもしれませんね。

石原さとみの他の衣装はこちら!

もみ消して冬:波瑠

土曜22時からHey! Say! JUMPの山田涼介さん主演で放送されている「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」で、主人公の姉役を演じるのが波瑠さんです!

波瑠さんと言えば、2015年に放送された朝ドラ「あさが来た」で主演を務め大ブレイクした女優ですよね。抜群のスタイルと象徴的なショートカットに憧れる女性も数多いです。

 

そしてそんな波瑠さんが演じる役はセレブ一家の長女!

しかもただ金持ちの家に生まれたというだけでなく、自身も東大卒のエリート敏腕弁護士。極め付けは超ドSな性格というかなり癖のあるキャラクターなんです(笑)

しかしその大人っぽく気品漂うたたずまいはドラマを見ていても憧れてしまいますね。

当然身につけている衣装もめちゃくちゃおしゃれです!

もみ消して冬のあらすじ

この一家は確実にトラブル解決する…。

そしてその作戦会議は秘密の家族会議で執り行われる。

そこでは法律や常識よりも、「家族の幸せ」が優先されるのだ。

このドラマはヒットドラマ会の鉄板三代職業

『医者』、『弁護士』、『警視庁(主人公)』

のエリート三兄弟が一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決する

という馬鹿馬鹿しくも美しすぎる家族愛と、主役の「エリート感が若干足りない末っ子刑事」が「家族への愛情VS職業倫理観」で葛藤したあげくにひねくりだす「なんでそうなるの?」的屁理屈を伴う活躍と、その人間的成長(?)を、笑いながら見る痛快「どコメディ」ホームドラマです。

どんな衣装を着てる?

波瑠さんがドラマで着用している衣装も同様に紹介していきます!

こちらは番組の公式ホームページの登場人物の欄に掲載されている画像ですね。

波瑠さんや山田涼介さんらが属する北沢家は“平成の華麗なる一族”と称されるほどのセレブ一家。

波瑠さんの衣装も高級感漂うものが多いのですが、要所要所に個性的なデザインが施されているアイテムが多く、細かい部分まで気を使われているのがよくわかります!

こういったドレスもよく着用されていますね。

高身長でスタイルの良い波瑠さんが着るとよく映えます。

敏腕弁護士というだけあって劇中ではジャケットを多用している波瑠さん。

しかしジャケット自体もそうですし、中のインナーもシーンごとに工夫されているので見ていてかなり参考になります。

こういった個性的な衣装も何気に多いですね。

奇抜なデザインでも“着せられている感”が全くなく、どんな衣装でも着こなせているのはさすがだと思います。

Regular-fit blouse in pure silk

こちらは中の派手な柄のシャツ、濃いピンクのスカートと結構攻めたデザインですよね。

しかし黒のシンプルなジャケットでちょうどよく引き締められています。

北沢家長男役の小澤征悦さんとの2ショットで着用されていた黒のレースが特徴のワンピース。

異なるデザインのレースが何重かに重ねられていて大人っぽいデザインですね。

波瑠の他の衣装はこちら!

隣の家族は青く見える:深田恭子

最後に紹介するのは、こちらも国民的女優の深田恭子さん。

2017年でなんと35歳を迎えましたが、全く年齢を感じさせません!20代と言われても何の疑念も持たないです(笑)

 

そしてそんな深田恭子さんが出演するのは木曜22時から放送されている「隣の家族は青く見える」。

深田恭子さん演じるヒロインと、その夫である松山ケンイチさんがコーポラティブハウスに住みながら妊活するというストーリーです。

もちろんただ妊活をするだけでなく、それにおける葛藤や成長、また同じコーポラティブハウスに家族たちの様子も同様に描いたドラマです。

 

劇中で演じるのも実年齢と同じ30代半ばの女性。

全く30代には見えないのですが、一方で衣装は綺麗めで大人カジュアルなのが特徴です!

隣の家族は青く見えるのあらすじ

深田さんが演じる主人公の五十嵐奈々(いがらし・なな、35)は、スキューバダイビングのインストラクターをしている活発な妻。

そして、松山さんが演じる奈々の夫で中堅玩具メーカーに勤める五十嵐大器(いがらし・だいき、32)は、心優しいけどちょっと頼りない夫。

そんな彼らは、小さなアパートで住宅購入のための資金を貯めながらふたりきりの生活を楽しんでいましたが、“コーポラティブハウス”を購入したことをきっかけに、大器の母が心待ちにしていた子作りをスタートします。

ところが、そう簡単には子どもは授からず…。ふたりは子どもを作ることがどんなに大変なことなのかを痛感しつつも、妊活に立ち向かっていきます。

どんな衣装を着てる?

派手なデザインは着ないものの、その分シンプルで大人の女性らしい衣装が多い深田恭子さん。

秋冬らしくダークカラーや寒色系のものが多いですね。

鎖骨部分が大胆に露出したデザインのスキッパーシャツ。

深田恭子さんはそのままセクシーに着こなしていますが、こちらのアイテムは中にインナーを着込んでもまた違う表情が出ると思います。

シンプルで上品なコートの下に画像のような柄ものを着用しているときもあります。

劇中ではこのような大人カジュアルが基本的に多いですね。

松山ケンイチさんとの2ショットになったワンシーン。

こうやって並ぶと“素敵な奥様”という雰囲気が存分に出ていますね。もちろん深田恭子さんのたたずまいあってこそという部分もありますが。

顔まわりをスッキリ見せることができるVネックシャツ。

やはり清純な白を綺麗に着ている女性は老若男女問わず好印象ですよね。

上のシャツの下に履いている淡いピンクカラーのスカート。

取り外しできるコルセットベルトがついていて、スタイルがぐっとよく見えますね。

やはりもともとの素材が良いのですが、きっちりとそれを引き立たせる衣装を着用しています。

深田恭子の他の衣装はこちら!

最後に

2018年1月期に放送されているドラマに出演している女優たち、またその衣装を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

それぞれしっかり登場人物にあった素敵な衣装を着用していたと思います。

 

最近ではわざわざ外出しなくても、オンラインショッピングなんかで欲しい服が簡単に買えてしまいますし、テレビでタレントが着ているをいいなあと思ったら即検索して即購入するなんてこともできなくないですよね。

なのでドラマを見るときも、ストーリーだけでなくそういった出演者の衣装に注目して見てみても面白いと思います!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

FASHIONカテゴリの最新記事