【2018年最新版】Tik Tokでよくある人気曲を集めてみた!曲名・アーティスト紹介!

  • 2018.01.24
  • SNS
【2018年最新版】Tik Tokでよくある人気曲を集めてみた!曲名・アーティスト紹介!

最近色んな意味で話題の『TiK Tok』。

登場したばかりの頃はYouTubeの広告で出てきて「ウザい!」「キモい!」なんて言われてきましたが、だんだんと受け入れられてきましたよね。

確かに人気TiK Tokerはみんなかわいいですし、くせになってしまうのもわかります(笑)

 

またそんなTiK ToKの動画を見ていて「あれ、この曲いいかも」と思うことも少なくないですよね?

そこで今回はTiK ToKでよく使われる人気曲を紹介していきます!

TiK ToKでよく使われる曲を紹介!

Beautiful ft. Ledri Vula/Flori Mumajesi

TiK ToKの代名詞とも言えるこの曲!曲名は『Beautiful』と言います。

日本のTiK ToKでは間違いなくこの曲が最も知られていると思いますが、原曲は少しスローペースですね。

ちなみにこの動画のコメント欄は日本人ばかりでした(笑)

Wink/TiK ToK

こちらも人気の曲ですが、どこかのアーティストの楽曲ではなく、TiK ToKオリジナルのサウンドになります。

曲名もWink(ウインク)とそのままですね。

基本的にウザいですが、正直可愛い人がやっているのが流れると、つい最後まで見てします曲ですよね(笑)

好想你 I Miss U/Joyce Chu

「ハサミ〜ハサミ〜」でお馴染みのこの曲、実は中国の曲なんですね。

ちなみに知らなかった人がほとんどだと思いますが、本来の歌詞だと「好想你(ハオシャンニー)」と言っていて、ハサミは全く関係ありません(笑)

「あなたに会いたい」という意味で、英語だと「I miss you」に当たる表現です。

Pretty Girl/Maggie Lindemann

Maggie Lindemannというアメリカのアーティストの楽曲です。

確かに最近の中高生にウケそうな曲調ですし、多用されるのもわかりますね。

歌詞の日本語訳を見てみると外国の女の子だな、という感じで結構かっこいいんです!

イイ波のってん☆NIGHT/ファッキングラビッツ

「イイ波のってんね〜」で瞬く間に人気曲となったのはこちら。

ファッキングラビッツというYouTuberとしても活動しているユニットで、メンバーは全員現役AV女優らしいです。

ギャル風というかパラパラ風というか、一昔前の曲調が逆に今の若者にウケています(笑)

マジ卍/ファッキングラビッツ

上で紹介した「イイ波のってん☆NIGHT」ほどではありませんが、こちらもTik Tokで流行した「マジ卍」という曲。

YouTubeではエロネタを中心に人気YouTuberともコラボしていますね。

chocolate box/一億P

拗ねた女の子を演じるアレの曲がこの「chocolate box」です。

原曲は一億Pが投稿したボーカロイドの鏡音リン・レンの曲のなのですが、Tik Tokで使用されているのはこちらのアレンジバージョン。

めちゃくちゃあざといですが、可愛い女の子がやっているとつい何度も見てしまいます(笑)

告白10カ条/erica

カップルがよく投稿している「1、あなたが落ち込んだときは〜」の曲はこちらの「告白10カ条」です。

こちらもTik Tokで使用されるときはテンポを早められていますね。

Wicked Wonderland/Martin Tungevaag

サックスの音色が心地よいこちらの曲を使用した映像もよく見かけますよね。

アップテンポで重低音が響いてるところなんかはTik Tokらしいと言えるのではないでしょうか。

ノルウェー出身のDJ・Martin Tungevaagの曲です。

好-じょし-/坂口有望

「君がいなくなったって〜」という歌詞でがキャッチーなメロディが特徴の曲は坂口有望さんの「好-じょし-」。

“好”と書いて“じょし”と読ませるようで、なんともシャレが聞いた曲名ですね。

ちなみに坂口有望さんはまだ16歳の女子高生シンガーソングライターです!

summertime/cinnamons × evening cinema

「君の虜になってしまえばきっと〜」という可愛らしい歌詞が特徴の曲はcinnamonsとevening cinemaがコラボした「summertime」という曲です。

橋本環奈さんが出演したDMMテラーのCMにも起用されていました。

I AM A Gummy Bear/Gummy Bear

「グミグミグミグミグミベア、ポッ」という曲はドイツ・ベルリンのお菓子が発祥なんです。

緑のクマ、グミベアが歌って、踊って、食べて、寝てでヨーロッパを中心に世界中で大人気のようですね。

ちなみにGummy Bearの曲は他にもあり、アルバムまで発売されています。

サメのかぞく/ピンクフォン動揺

「ベイビー〜」から始まる可愛らしい歌の曲はこちらの「サメのかぞく」でした。

ピンキッツというアメリカの子供番組で生まれた曲のようです。

日本語版もありましたが、Tik Tokで使われるのは英語版ですね。

Count On Me/Connie Talbot

手のひらの上にあごを乗せるアレの原曲はConnie Talbotというイギリス歌手の「Count On Me」という曲でした。

曲調もそうですが、可愛らしい女の子が次々とあごをちょこんと乗っけてくる様子はめちゃくちゃ可愛いですよね。

「#いいアゴ乗ってんね」はSNS上でもかなり流行りましたね。

Shape of You/Ed Sheeran

世界的アーティストであるエド・シーランが2017年にリリースして大ヒットした楽曲Shape of you。

日本でもかなり話題になった名曲ですし、TiK ToKで流行するのもわかりますね。

LIKEY/TWICE

今大流行のK-POPアイドル・TWICEのLIKEYという曲。

こちらももともと人気の曲だったのですが、振り付けも可愛いですよね。

脳みそ夫体操

脳みそ夫というお笑い芸人が自ら作詞作曲した「脳みそ夫体操」という曲。

コミカルな歌詞と曲調が特徴ですが、こちらはTiK ToK用に原曲より1.25倍の速さで使用されています。

今や本人より曲の方が有名になってしまいましたね(笑)

ねこ子/嘘つきバービー

2002年に結成されたバンド・嘘つきバービー。

今はもう解散してしまっているのですが、その嘘つきバービーが2009年にリリースした楽曲がこちらですね。

TiK ToKのムービーを見ているだけではとてもロックバンドの曲だなんて思わないかもしれませんが、歌詞はともかく曲調はかなりかっこいいです(笑)

インドア系ならトラックメイカー/Yunomi & nicamoq

Yunomiというトラックメイカーが楽曲を制作し、nidamoqというボーカルが歌った楽曲。

2016年に制作されています。

ユニークな曲調と可愛らしい歌声でヒットした曲ですね。

The Girl With Short Hair/LAMPHO

こちらはLAMPHOという中国人アーティストの楽曲です。

中国の曲って日本ではほとんど知られていないですよね。

他にもユニークな曲はたくさんありますが、このようなケースを見ると本当にTiK ToKで使われる曲はなんでもありなんだなと思います。

SHYでもいいよ/AISHA

AISHAという日本のR&Bアーティストの楽曲です。

この曲も含め、R&Bやソウル系の曲はやはり人気ですよね。最近の10代、20代が好みそうな曲調なので納得です。

Heartbeat/Marcus & Martines

こちらの「Heartbeat」もかなり使われていますよね。

他の曲と同じように原曲より速くして使用されていますが、こちらはこちらで落ち着いた曲調で普通に良い曲だと思います。

それにしてもこんなに小さな男の子が歌っていたんですね…。

最後に…

TiK ToKでよく使用されている人気曲を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

おそらくほとんどの曲をYouTubeの広告なんかで聞いたことがあると思います。

確かにYouTubeで流れると邪魔くさいと思ってしまうかもしれませんが、曲だけきくと普通にいい曲やかわいい曲も多いですよね(笑)

 

まあまだTiK ToKは普及してきたばかりなのでまだまだ「ウザい」「キモい」という意見が多いですが、一方でだんだん浸透してきているのも確かです!

人気YouTuberなんかがTiK ToKをやるとそれだけで「かわいい!」と絶賛されますよね。

それにもう世間には十分知れ渡ったと思うので、せめてYouTubeで流れなくなればもう少し評判もよくなると思うのですが…(笑)

 

ちなみにこちらの記事ではめちゃくちゃかわいい人気TiK Tokerを紹介しています。

興味がある方はぜひご覧ください!

【2018年最新版】TiK ToK|かわいい人気TiK Toker7選!広告のあの子は誰?

SNSカテゴリの最新記事