YouTuberって稼げるの?収入事情を徹底解説!

  • 2018.01.23
  • SNS
YouTuberって稼げるの?収入事情を徹底解説!

ここ数年で一気に知名度を上げてきた“YouTuber”という職業。

ヒカキンやはじめしゃちょーのような人気YouTuberにもなると年収数億円稼げるなんて話も聞きますが、それって本当なんでしょうか?

この記事では、そんなYouTuberの収入事情を解説していきます!

YouTuberって本当に大金を稼げるの?

「はじめしゃちょー スライム」の画像検索結果

まず「YouTuberって本当にそんなに大金を稼いでいるの?」と思われる人も多いと思いますが、その質問の答えは間違いなくYESです。

YouTubeの動画には動画が再生される前や再生中の下画面に広告が表示されますよね?

YouTuberたちはあの広告の宣伝料として、Google(=YouTube)から報酬を受け取っています。

 

具体的な金額や計算方法などはYouTubeの規約上明らかになっていないのですが、再生回数が多いということはそれだけ広告を目にするユーザーも多いということになるので、必然的にその報酬額は上がっていきます。

トップYouTuberたちは1本あたり何十万〜何百万回も再生される動画をほぼ毎日投稿していますよね?

再生回数=広告を見ている人数といっても過言ではないので、それだけの人に影響を与えるトップYouTuberの報酬が高いのは当然と言えます。

「ヒカル」の画像検索結果

またYouTuberで“金持ち”のイメージがある人といえばやはりこの人、ヒカルですよね!

毎回動画に大金をつぎ込んでいることで有名なYouTuberですが、ヒカルのようなとんでもない企画ができるということはそれだけ稼げているということです!

一本の動画に1000万円をポーンとつぎ込むことも珍しくないヒカルですが、それはYouTubeで得た報酬の一部を動画制作費に当てているだけのこと。

 

まあ動画にかけるお金の額はヒカルが飛び抜けているのですが、最近では数万円〜数十万円くらいなら大体の人気YouTuberたちが簡単に動画で使っていますよね。

つまり特別ヒカルだけお金を持っているわけではなく、人気YouTuberともなれば誰でもそんなことができるほどの報酬を得ているということになります。

YouTuberの収入は1再生=0.1円?

報酬金額はYouTubeの規約で明かされることはない。

しかしそれでも見ている側からしたら具体的な金額を知りたいですよね?

 

そこでよく言われているのが1再生あたり0.1円という計算式。

 

もしこの計算式が正しいとすれば、例えば100万回再生される動画を1ヶ月毎日投稿したとすると

100万×30×0.1=300万円ということになります。

とんでもない数字ですね(笑)年収に換算するとなんと3600万円です!

 

最近では小学生のなりたい職業ランキングでも上位にランクインするYouTuberですが、好きな動画を投稿してこれだけの金額を稼げるのであればそれも納得です。

既に人気YouTuberが何人も登場してきているので今から稼げるようになるのはなかなか難しいかもしれませんが、やっぱり夢がありますよね。

 

YouTuberがテレビに出演する機会も増えてきていますし、人気YouTuberを目指すことは芸能人やアスリートを目指す感覚に近づいてきているのかもしれません。

1再生=0.1円はもう古い?

しかし!

最近では1再生=〇〇円という計算式はもう古いという意見もよく聞きます。

 

確かに再生回数が上がるのに比例して報酬金額も増えていくことは間違いないと思いますが、再生回数以外の要素、例えば再生時間も金額を決める重要な要素になります。

なので

  • 1分の動画が10万回再生
  • 10分の動画が10万回再生

この2ケースでは報酬金額は全く違ってくるでしょう。

 

どちらが優先されるかは明かされていませんし、他の要素もあると思いますが、少なくとも再生回数だけで金額が決まることはありません!

 

YouTuberの収入の調べ方はこちらのサイトで詳しく解説してありました!

より深く知りたいという人はどうぞ!

【2018年最新】YouTuber収入事情!!1再生0.1円はもう古い!?

企業タイアップも大きい!

「ヒカキン cm」の画像検索結果

ちなみに!

動画による広告収入以外に企業タイアップの仕事の報酬もかなりの額だそうです!

これはさすがに人気YouTuberにしかできない稼ぎ方なのですが、人気があるとやっぱりCMやテレビへの出演、また「うちの商品を動画の広告じゃなく直接動画の中で紹介して!」なんて依頼がきたりします。

 

よくYouTuberが動画の中でスマホアプリなんかを紹介していますよね?あれは企業が直接YouTuberに報酬を渡して宣伝してもらっているんです。

その報酬金額は依頼するYouTuberの人気度によって大きく異なるのですが、相場で言っても一件につき数十万〜数百万円は当たり前のようですね。

 

こちらは物申す系YouTuberのシバターが企業タイアップの報酬金額について語った動画です。

シバターによると、YouTuberの企業タイアップ一件あたりの報酬は

チャンネル登録者数×1.5倍らしいです。

そうなると、例えばチャンネル登録者数が100万人のYouTuberの報酬は一件150万円という大金になることになりますね(笑)

 

投稿されたのは2015年と少し前なのですが、YouTubeの広告収入額が規約の改定などで日々変動している一方でYouTuberの影響力というのはそこまで下がることがないので、数年経った今でも十分参考になると思います。

むしろYouTubeのユーザー人口が年々増加しているだけに、以前より報酬金額が上がっていることも考えられるでしょう!

最後に…

YouTuberの収入事情について解説してみましたが、いかがでしたでしょうか?

YouTuberの収入金額についてはいくつも説があり、また実際の金額も日々上下していると思われますが、少なくとも“1再生回数あたり〇〇円”という計算式は間違っています。

先日ヒカキンが人気番組「ホンマでっか!?TV」に出演した時も「再生時間によっても金額は異なる」と明かしていました。

しかし人気YouTuberが大金を稼げているのも間違いなく、年齢や経験に関係なくそれだけのお金を手に入れることができるというのは確かに夢がありますよね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

SNSカテゴリの最新記事